sk13-1.jpg
スケッチブック 第13話「ひとりなんかじゃない」

本当にいい最終回でしたっ
良すぎて、キャプ画像も相当気合入っちゃいましたよエヘへ

春。
桜が咲き始め、お花見をする美術部。
大庭先輩という幽霊部員の新キャラが、最終話ようやく出てきました。能登~
今までもコマの隅っこに出てたらしいですがw

咲いていない桜を見て、咲かせようと人肌で木を暖める部員達。
日和先生の指示で木の周りを堅めます。何やってんのw

当然ですが咲かない為、根岸先輩に桜にエールを送るよう命令する先生。エールてw
根岸先輩ヤケクソです。

日和「なによ~!咲かないじゃない~!」

中々咲かない桜に、じれったさを感じる先生。
咲かせるには、やはり生贄が必要なんじゃないかと<どこのマイセルフですか

sk13-2.jpg
花見が終わり、帰り際にみなもからこの前撮った集合写真をもらいます。
あの集合写真が最終話に繋がってくるとはw

放課後。
ひとりぼっちの美術部の部室。
誰も部室に現れないので、暇な空。
とりあえずお茶をすすります。お茶アニメ最高。

最終話なので、全員が少しずつ登場。そういうの好きよ。
涼風、いつも楽しませてくれてありがとうw

集合写真を見て、空はキャンバスに皆の絵を描き始めます。

sk13-3.jpg
いつもと雰囲気が違う木陰先輩。

木陰「私がいなくても、誰がいなくても、この部屋はいつもの美術部なのね」

いつか、皆がいなくなっても、ここはいつもの美術室で変わらない。
美術室に漂う絵の具の匂い、油の匂いは変わらないまま・・・

ここの木陰の語り、ちょっと心に響きました。
木陰、想う所があるんでしょうか。
でも先輩・・・卒業は来年ですよね?w

皆の絵を描き、色を塗る空。
一人ぼっちの部室だけど一人じゃない気がします。
ふっ、とまわりを見渡すと、空の目には皆の姿が映ります。

なんか遠い昔の懐かしい記憶みたいで…
みんなまだ在学中ですよ、空さんwww

sk13-4.jpg
日和「よく描けてるわよ。いい絵ね」
去り際、空に言葉をかける日和先生にちょっと感動した。
とってもいい先生。ちょっと変な人だけど。

帰り道、交差点の向こうに夏海と葉月の姿を見つける空。
しかし信号機は赤になり、このままでは二人は帰ってしまいます・・・
言葉が出なく、どうしようか迷う空。
このまま見送ってしまうのかと思ったその時

空「麻生さんっ・・・鳥飼さんっ・・・!」

自分からは話しかけない空が、大きな声で二人を呼びとめました。
これまで、自分から二人の名前を呼んで話しかけたことがあっただろうか。
演出と挿入歌で鳥肌。
目の前が霞んで見えないぜ。泣いてないもん

二人と一緒に帰ることが出来た空。
自分から行かなければ。いや、行くべきだ。
自分の居場所はきっとそこなのだから・・・

sk13-5.jpg
エピローグ。
ウエイトレスさんと友達になり、自己紹介をする夏海と葉月。

ウエイトレス「そちらは?」
夏海「ああ、この子は梶わら…」


空「空・・・梶原、空・・・です」

夏海と最初出会った時、自己紹介で名前を伝えるのにもスケッチブックに書いていた空が…あの空が自分から喋ってます!

本当に人見知りが激しかった空。
美術部に入り、部員と楽しい毎日を過ごしてきた空。
色々な経験をして成長した空が、そこにいました。


自分のペースで進むのもいい
けれど…自分からいかなければ成長しない時もある
もっと、友達になろう――




おしまい








この作品、大好き
日頃感じているようで忘れている、失いかけていた「何かを感じること」を思い出させてくれるいい作品でした。
ああ、もう…いい!いいとも!
それにしても、最後の空は反則ですよねw

ということで「スケッチブック」終わりです。
色々と考えさせてくれて、ありがとうございました。
勉強になった。 空と一緒に自分も成長した<気持ち悪い発言禁止

2期?絶対見るもんよ。ええ

sk13-6a.jpg
sk13-6b.jpg
See you again...


関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL