kimi10-1.jpg
きみある 第10話 「補正で夢がかわいく見える」

涙がでちゃう。だって(ry
森羅が構ってくれない理由を、直接森羅に聞く夢。
夢の気持ちを知り、森羅の反応は・・・

森羅「私だって、夢を抱きしめたかったんだぞ」

おおっ?事が夢の妄想どおりに進んでいるw
子供の頃に言った「何か」が原因で、森羅は夢から距離を置いていたのでした。

しかし、何を言ったか覚えていない夢。
それについて大激怒の森羅さん。夢に声を荒げます。
さらに落ち込む夢。
スコップで意味も無く地面掘るとか、かなりきてます。

kimi10-2.jpg
自分にはどうすることも出来ないと南斗星。
そっとしておく南斗星でしたが、夢は家出をしてしまいます。

夢が家出したと聞く森羅。しかし平然に振舞います。
そんな態度の森羅を見て、話せばお互い解り合える筈だと熱く語るレン。
夢を探しに行く南斗星とレン達。
「自分がそばに居てあげなかったから・・・」と夢が黙って家を出たことにショックを受ける南斗星。
シリアス展開が続きます・・・


街を彷徨う夢。
夢の匂いを嗅ぎ、居場所をつきとめる南斗星。やっぱシリアスは保てなかったw
レンと南斗星は、話せば今からでも遅くないと夢に説得。

連絡がなく、帰りが遅いレン達にヤキモキし落ち着きが無くなる森羅であった。

kimi10-3.jpg
夢が忘れている「何か」を思い出せないと、森羅と仲直りできない。
忘れたことを思い出せっていうのは無理な話。
が、そこはご都合主義と言われても仕方ない展開で、森羅に言った何かを思い出す夢。

森羅達の両親の葬儀後、夢が森羅に放った言葉。

夢「お姉ちゃんは悲しくないの?・・・泣かないなんて、ロボットみたい!

久遠寺の長女として、泣かないと毅然としていた森羅。
そんな森羅の境遇を幼かった夢は理解できなかった・・・
でも今は違う。お互い年をとり、大人になった。
森羅に謝る決心がついた夢。

久遠寺家に帰り、謝りに森羅を訪ねる夢。
心配させやがって・・・的な平手が一発。その後優しく抱きしめる森羅。

夢よかったね。これで森羅からむきゅ~んってされる毎日が・・・来るかね?w
「全く世話が焼ける」と楽しそうな森羅でした。



kimi10-4.jpg
レンとハト姉は姉弟じゃないフラグが・・・
にほんブログ村 アニメブログへ 南斗星の過去が少し語られたけど、久遠寺家に拾われた話は?

関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL