dr04-0.jpg
ドルアーガの塔 -the Aegis of URUK- 第4話 「バンド・オブ・ハンド」 感想

アーメイ先生と愉快な生徒たち
dr04-1.jpg
大量のモンスターに追われ、塔を登り始めた初日から全滅の危機を迎えるジル達。
アーメイの機転でモンスターを一掃し、危機を免れたジル達でした。
アーメイが指示出してそれに従う皆、という構図。

それもそのはず、塔での経験が豊富なのはアーメイだけで、他は皆初心者
塔のことを全然知らない皆。アーメイさん、顔引きつってますよwww
塔についてのアーメイ先生の授業には笑ったw

dr04-2.jpg
ニーバ達や例の暗殺者もまた塔を進んでいた。
見知らぬ女に会うファティナ。
ニーバはその女と面識があるようで、それも結構親しい関係だった?
過去のパーティの1人みたいな気がします。

さて、食事はどうするかという問題ですが・・・基本は「現地調達」
モンスターの触手を使って食事を作るクーパ。
触手だと知り、料理を吐くメルト。しばらくお待ちくださいw
全然気にせず、もしゃもしゃと食べるカーヤとアーメイ。
女性陣の方が肝が据わっていらっしゃるw

dr04-3.jpg
カーヤが塔に登る理由を聞くジル。

カーヤ「不治の病の弟がいるんです・・・」
ジル「そうだったんだ・・・」


弟の病気を治す為、と聞き神妙な面持ちになるジル。

カーヤ「気にしないで下さい・・・ですから」
カーヤ「冗談ですよ。本当です」


どっち!

つかみ所の無い性格というか何というかw
カーヤの言っていること、半分冗談・半分本当の事で完全に嘘ではない気がします。
「ブルークリスタル」があれば、ギルガメス王の死ねない呪いが解けるとか。


クサラックの群に襲われるジル達。
クサラックは足も速く、逃げることも難しい。
逃げても駄目、迎え撃っても駄目。なら迎え撃つのがジルw

根性で生き延びる事が出来たジル達。戦闘シーンちょっとだけかよw
ニーバはジル達を助けようと駆けつけたけど、クサラックを既に倒しちゃってて少し驚き。


未熟な登頂者仲間達と力を合わせ、頂きを目指すアーメイ先生ジルでしたw

にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事
web拍手
2008-04-27 12:02 | カテゴリ:ドルアーガ
コメント(0) | トラックバック(10)

管理者のみに表示する

トラックバックURL