『J-1グランプリvol.1』レビューその1

予選1メンバー
・小清水亜美
・神崎ちろ
・三浦祥朗
・野島裕史
4人の手牌が見える、いわゆる神視点での麻雀観戦。
モンドとか前はよく見てたんで、こういうカメラワークには慣れてます。

小山さんの解説が面白いw
神崎ちろはさすがはプロといった所でしょうか。手つきが少し違いますねー

小清水は即リー派なのかな?
東2局のカンチャンリーチは、あまりいただけませんでしたね。
でもその後、しっかりカンチャンツモ。

人の手の進め方はいろいろあるし、それぞれに理由あるからイチャもんつけるのはよくありません。
ただ・・・
野島、一索切れよ(笑)<言ってるそばから

大事そうに持ってるけど、何でだよwって解説側からツッコミ多数。面白っ


オーラスでの小清水。
1-4-7索待ちを捨てての、7筒・5索シャボ待ち追っかけリーチ(野島親)
その後5索引いてしまった野島は放銃。
野島イジメですね、わかります。

予選1の結果は小清水1位。
まあ、正直打ち方は素人っぽさが拭えませんでしたけどw
それもまた麻雀道。人の和がりに文句言っちゃいけません。


予選2へ つづく
関連記事
web拍手
2008-05-28 20:47 | カテゴリ:麻雀
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL