sa13-0.jpg
S・A ~スペシャル・エー~ 第13話「魔法・友達」 感想

ハートマークの次は、石○ラブラブ天驚拳っすか。
どこまでも突き抜ける二人のLove
sa13-1.jpg
2クール目に入り、OPが変わりましたよっと。
内容は↑にあるように、かなりはっちゃけてます。
彗のグラサン超かっこいい!よ!

彗「捕まえてごら~ん♪光!」と、乙女チック表情の彗&ラブラブ拳はクソ笑いました。
うん、このOPアニメはテンション上がるw

sa13-2.jpg
理事長命令(宙のせい)で普通高校に3日間通う事になったSAクラス。
そのことに明さま憤慨 → 宙くんボコボコ

普通の高校では目立ちまくる彼ら。
当然女子からは黄色い声があがります。

明「お茶の時間はいつ取ればよいのかしら?」

明はいつも通りのつもりかもしれないが、優雅すぐるw

sa13-3.jpg
はしゃぐ明でしたが、昔の友達の面影がある女生徒・及川を見て様子が豹変。
昔あった出来事がトラウマで、その記憶が蘇ったみたい。
友達になりたいと差し伸べてきた及川の手を、明は思わず払い除けてしまいました。

明の昔の友達は、八尋絡みで関係を壊されてました。
「明ちゃん♪(画像中央)」→「嫌い・・・っ!(画像中央右)」
うん、これはトラウマになっても仕方ない

sa13-4.jpg
そんないきなりのシリアス展開なぞ関係なく、ウチの王子様は笑いを提供してくれます。
女子からモテモテの彗。しかし光以外の女子には冷たかった!

そんな彗の絶対零度の世界を溶かす光の存在。
光を見かけて一気に表情が和らぐ彗。電子レンジ音「チーン」がw

さらに彗さん、光の元へ瞬間移動
落ち着け彗www

sa13-5.jpg
再び真面目話。
明と友達になりたいと話しかけてくる及川さんを前に、トラウマってる明は拒絶。
光にだけ態度が違うことから、クラスの皆から「うざい」と言われてしまいます。

そして、孤立。当然の結果がこれだよ!
雰囲気悪い空気のところへ宙がやってきます。
明の様子がおかしいことに気づき、軽口を飛ばす宙。でもフォローには言葉を選ぼう

いつものように宙を殴る明。しかし、周りはそれを非難します。
そんな周りに対し、宙は

宙「俺は好きで殴られてるからいいんだよ。な?」

ナイスフォロー
これは明がトキメクのも無理ないw
さすがです、宙。宙はイイ奴。


sa13-6.jpg
いつもボコボコにされてますけど、好きだからいいんです。


sa13-7.jpg
宙と彗の言葉を聞いて立ち直った明は、仲直りに魔法を披露
魔法を使うって言った後、携帯を取り出したからどこかの英単語せんせいみたいに変身するのかと思ったよ<ねーよ

クラスの生徒達にお茶を振る舞う明。
紅茶の色変化で魔法ですか、ああなるほど。
誤解も解けて、明は及川さんと友達になることができました。


残りは明と八尋の子供時代の話。
王様気取りの子供・八尋は明を独り占めしてました。

八尋「毎日ウチにきてお茶を入れろ」
八尋「明ちゃんは僕とだけいればいいさ。他の子と遊んじゃ駄目だよ」


こ れ は 嫌 わ れ る

sa13-8.jpg
完全に嫌われる原因になったのは、明が初めて仲良くなった友達との仲を八尋が引き裂いたというもの。
この憎しみの顔は忘れられないわな。

八尋が明の友達の、父親の会社に圧力かけて倒産して家庭崩壊…みたいな流れが頭に浮かぶんですが。
どちらにせよ、ガキのすることじゃない
好きだから独り占めしたいんだろうけど、やり方が違うだろう八尋クン。

そんなしみったれたやり方しか出来ない八尋君。
またしても嗅ぎ付けます。
明とお近づきになった及川はどーなってしまうのかぁ!

次回へ



EDも変更っす。
歌ってるのが3人娘てことは、男3人バージョンもあるってことだよなw



sa13-9.jpg

オトメチック初心者です。

にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL