natu01-0.jpg
夏目友人帳 第1話「猫と友人帳」 感想

このアニメ、いい。
natu01-1.jpg
内容を1つも知らない俺が感想書きますよっと。
OPを見ての第一印象は「ほのぼの田舎系アニメ」

・・・が、その印象は本編開始直後に消え失せました。
妖怪の類いに追いかけられる主人公。
のほほんアニメじゃありませんでした。

妖怪から逃げる最中、ある結界を破ってしまった主人公・夏目貴志。
封印が解け、櫓から出てきたニャンコ先生と出会います。
偉そうな物言いと、クセのある顔がたまりませんw

natu01-2.jpg
三四、三四さんじゃないか!
お世話になっている親戚の叔母さんの声が鷹野さんでした。
いあ、別にこれといった話じゃないんですが。CV:伊藤美紀

ニャンコ先生から聞かされた「友人帳」という、祖母・レイコの残した帳簿を引っ張り出す貴志。
その名簿には、祖母が負かしたアヤカシの名前が書かれていました。
それを狙ってやってきたニャンコ先生。精いっぱいの本気顔で凄みます。
…凄んだニャンコ先生でしたが、ふすまに頭を突っ込んでしまいキマりませんでしたw

友人帳について何も知らなかった貴志に説明するニャンコ先生。
猫じゃないっつーの!と言いながら、猫じゃらしにじゃれるニャンコ先生。和んだ

名前を奪われた妖怪は、夏目レイコを探しているという。
早速妖怪に追われる事になる貴志。

natu01-3.jpg
ニャンコ先生、貴志が友人帳を持つにふさわしくないと判断したのか

ニャンコ先生(本気)「友人帳をよこせ!」

声が本気でカッコ良いw
しかし貴志は怯まず、本気ニャンコ先生に対してグーパン

レイコと同じ境遇の貴志は"祖母の遺品"というのに思い入れがあるみたい。
真面目に、友人帳は渡せないと言い切ります。
その後、妖怪たちに名前を返してやりたいとニャンコ先生に相談する貴志。
貴志は自分が死ねば、友人帳はニャンコ先生にあげると約束。それを条件に、ニャンコ先生は出来るだけ貴志を手伝うことを約束します。

妖怪に名前を返すシーンは良かったですね。
紙を咥えてカッコよく吹き放つ貴志。

回想でレイコが妖怪から名前をもらうシーン。
若かりし頃のレイコ、めちゃ気さくなんですがw
これで周囲からは嫌われていたとか、信じがたい話です。
貴志は無事名前を返し終え、貴志に「ひしがき」という本当の名前を呼ばれて成仏する妖怪。
貴志はこれからも、妖怪に名前を返すという祖母がやり残した事をやり遂げようと誓うのでした。ちゃんちゃん



1話目だけでこの作品の雰囲気の虜になってしまったようですw
ニャンコ先生は面白いし、好みのストーリー展開でした。
視聴継続決定!





Warning!
この先ちょっと怖い画有り↓














natu01-4.jpg

このシーン見た時、背中に寒気が。

にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事
web拍手
2008-07-10 01:35 | カテゴリ:夏目友人帳
コメント(0) | トラックバック(17)

管理者のみに表示する

トラックバックURL