haru20-0.jpg
涼宮ハルヒの憂鬱 第20話 「涼宮ハルヒの溜息I」 感想

ハルヒみたいな人って、案外必要だよなぁと最近思う。
haru20-1.jpg
ハルヒ!そのバイタリティをオラにも分けてくれ!

体育祭では参加種目をほぼ総なめの大活躍。
文化祭ではSOS団で映画制作するというハルヒ。

ハルヒって、自分の興味対象には全力全快で打ち込みますよねw


チャレンジ精神というか好奇心旺盛な人が周りにいないと、人生張り合いがないってもん。

たとえそれが思いつきな行動であっても、振り回されるのもまた良しw
もちろん自分自身がそうであるのが一番いいと思います。


一度きりの人生、楽しむべきだよね絶対♪

haru20-2.jpg
振り回された結果、雑用係になるのもまた…良し?

…う、裏方っていうのは重要なんだ!
それだけハルヒに信用されているってことなんだ!

映画の機材を拝借するため、商店街へ行くハルヒ達。
パソコンの時の悲惨な出来事が脳裏に浮かぶみくるw

首尾よく機材をゲット出来た理由は・・・店のPR話のおかげですねw



新作なのに、何か新鮮ではないですね<贅沢いうな
何故か見たことがあるような気がして・・・

・・・ハッ!
もしや記憶のリセットから零れ落ちた残滓!? <ねーよ
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL